---------------------------------------------------------- 本ブログの内容は、左カラムにある「本ブログのコンテンツ」にて分かれていますので、選択してご覧下さい。
----------------------------------------------------------

2010年12月31日

2010年12月の1級試験受験は断念しました

久しぶりのエントリです。

だいぶ報告が遅くなってしまったのですが、2010年12月の1級試験は、受験自体を断念しました。

メインブログではいくつかのエントリで状況を書いていましたが、仕事があまりに多忙になってしまい学習時間がとれなくなってしまったことがその原因です。

11月くらいまでは本ブログでも学習状況を記録していましたが、その後は全く途絶えてしまったのも、その辺の背景によります。

来年も診断士試験を控えている以上、しっかりとした対策をしていくのは難しいですが、また受験を目指して学習を再開する日がやってくると思いますので、その日からまた更新していきます。

今後とも、本ブログをよろしくお願いします。

記事を読んで、このブログを応援していただける方はクリックを
お願いします。 ⇒ 人気ブログランキング

TREview
↑ 記事を読んで、「もっと頑張らないとダメだよ」と叱責してくれ
る(恐らく)多くの皆様、こちらへのクリックもお願いします。

最後に、評価ボタンを押して、ランキングチェックお願いします!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by businesslaw-pro at 23:59| Comment(2) | 1級学習記録【201010-12】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厳しいコメントですが、海外出張とかで当日受けることができなかったなら仕方ないでしょうが、単に受かりそうもないので断念したということでは今年もその気持ちでは無理だと思います。(なんで落ちてもいいから受検されなかったのですか?)
小生は2006年受検(20回)で合格しましたが、やはり海外出張と深夜残業(というか徹夜残業もしばしばあり)があり、思うように直前1ヶ月は準備できませんでした。あなたと同じように断念しようともそのとき思いましたが結局自分への逃げ口上と悟り、受検した結果合格しました。
結局勉強できなかったらできなかったという真実を受け入れて臨むべきでないですか。弁護士や学生のような勉強時間に余裕があるような一部のトップレベルは除いて合格者は1点でももぎとるということで一所懸命立ち向かって臨まれた人が大半だと思います。そんな人たちと比較してもまだ断念が正しいと思われるならそれは見解の相違ですが、受かった立場から言わせてもらうと甘いと思います。断念どころか、むしろ受検日には必ず受けられるよう以前より仕事のスケジュールも段取りをつけるくらいの根性が必要です。
2級も好成績で合格されていることより決してあなたに合格する能力がないとはいいませんが、そのお気持ちでは無理だということを申し上げ、今年は気合をいれて臨まれることを期待いたします。

Posted by at 2011年01月08日 12:33
匿名さんへ

コメントありがとうございます。

大変厳しいご意見ですが、謙虚に受け止めさせていただいて、次回受験する際に参考にさせていただきたいと思います。

今年は診断士2次試験に注力する予定ですので、受験するか否かは未定ですが、今年に限らず、またチャレンジしたいと思っています。

gamesman
Posted by gamesman at 2011年01月17日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。